家具おもしろ話(吉蔵オーナーコラム)

2019.11.07

今年の新宿展、終わってみると・・・

 「静岡市の特産品・東京展示会」いわゆる新宿西口の
イベント広場で行われる物産展は今年で16年目を迎えた。
「吉蔵」はその2回目から続けて出展し、
この展示会の特徴やお客様の傾向を長年見てきた。

最初の数回はこういう展示会が珍しかったのだろうか?
数十万円もする家具や仏壇が3日の期間中に何度か売れたことがあった。

10回を過ぎるころからお客様も慣れたのだろうか、
あまり大きなものを求める方が少なくなった。
売れ筋は5000円以下、弊社の場合、一日10万円の売り上げが目標だった。

さて、今年は・・・。
10月9日(水)のオープンは例年並みに推移したが、次の日の10日。
猛烈な台風19号が東海関東に接近するというニュースでもちきりになり、
会場も何となくモノを買うという雰囲気ではなくそわそわしている。
案の定、中日は空振りだった。



3日目最終日11日、
翌12日土曜日には台風が接近するということで、
店じまいの片付けも1時間ほど早く、4時終了ということになった。
こんなにお客様が少ない展示会は今までになく、
実際集計すると売り上げは過去最低を示していた。
おまけに帰りの新幹線は超満員、予定のひかりに乗れず、
大変な思いで帰宅した。

ただ、最終日何人かのお客様から色々な相談を受けた。
・棚の中に収める小さな厨子が欲しい。
・神道だけれどどうしたらいいか。
・母親が小さい仏壇を探している。
・・・・そういった要望や問い合わせに一つ一つ答え、後日連絡するケースがあった。

そして、そのうち2件の引き合いが現実に商品の販売、制作に繋がった。
今まで、その時相談があっても多くは立ち切れになる場合が多い中、
今年は期間中の売り上げの3倍ほどの金額の契約が10月後半になって決まった。

展示会中は厳しかったけれど、後からの話が決まって一安心。
毎年楽しみにして下さるお客様も多く、
やはり新宿展は長く継続していくことが大切だな、と思った次第です。

Copyright (C) 株式会社吉蔵 All Rights Reserved.