吉蔵 ニュース新着情報

2012.07.17

脱仏壇宣言

脱仏壇宣言

現在「吉蔵」は、数年前から開発した「仏壇」に代わる「厨子」なる祈りの家具が、製作の中心となっています。様々な展示会やコンペで、祈りの家具ニューエーブを展開し、いつの頃からか「脱仏壇」宣言とも思われる家具作りとなりました。

最近のお客様でも、こんなエピソードがあります。

Aさまの例
ご主人が亡くなられて、遺族は仏壇が必要になりました。ただ、このご主人、無類の木工製作が好きで、家具も内装も自分でやってしまう。それならせめて、ご主人が作ったであろう好みの仏壇をとの依頼がありました。
仏壇から内装まで、かなり個性的な仏間が誕生しそうです。

Bさまの例
KAGUメッセで弊社ブースをご覧頂きました。
昨年の東日本大震災を境に故郷を離れ、静岡に移住されたとのこと。
仏壇は処分されたのですが、数点の御位牌を持ってこられた。
御位牌はそのまま収めたいが、仏壇臭くないシンプルなモノを、と言うことで、
内寸から割り出してた、程よい大きさの厨子を製作させて頂いています。

Cさまの例
こちらもメッセを見て来社下さったお客様。
新築されて、モダンな和室を設けた写真を拝見しました。
仏間は用意したのだけれど、仏壇は置きたくない。
むしろ、その場所を利用して「和のしつらい」をしたい。
「厨子・棚・花・器・香」などをバランス良く配置し、
日本の美を表現できる場に出来たらと、お考えのようでした。


この様に、かつての仏間は今、住まい手の心の拠り所として再生される方向にあります。
「祀り方・偲び方・祈り方」が従来の仏壇とは違う方法で暮らしの中で変化しています。

「吉蔵」はこうした要望に答えるべく、
これからの「それぞれの祈りの場」を暮らし手の皆さまと考えていきたいと思っています。

2012/07/17

サイト内検索

 吉造オーナーブログ

Copyright (C) 株式会社吉蔵 All Rights Reserved.